まんぼう ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS ペッチャブーンで暮しています。62 安全祈願

<<   作成日時 : 2017/12/08 00:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

突然ですが、先週の金曜日、職員室に、このようなものがありました。
画像


丸鶏です。この地球上で、最も嫌いなのは、鶏だったはずなのに、案外平気に見られるようになりました。あ、生きてないからかな?

ま、さておき何だ!?ってなりますよね。ただ、いっしょにお線香があったので、「ふ〜ん、また今日は、何かの日かなぁ?」と、思っておりました。

で、何ですか?と聞いてみると、(ここで、聞いてみているのは、たいてい日本語の先生に、日本語で聞いております。)明日、コンケーンに行くので、旅の安全をお願いしたのだそうです。

なるほどーー しかし、日本だったら、教育と宗教は切り離せ!と、叫ぶところでしょうが、ここでは、宗教と生活は切り離せない。学校には、大きな仏像があり、朝礼の中で、お祈りの時間がありますし、木曜日には、(毎週ではありませんが)お経を唱える時間もあります。

それとは別に、この学校の守り神。白いおばあさんを祀った社もあります。

この国の人々の中に流れているのは、前王様への思いと仏教思想です。うちの学校にも、イスラム教徒の生徒が、おりますが、それを否定するわけでもありません。

さて、話しは元に戻しますと、私がタイに出発する前夜、母が鯛の尾頭付きを探して、買ってきてくれました。

見立てです。旅の安全を祈願して、出発前に一口食べ、無事帰ってきては、残りを食べるものですが、ま、1年は残せないので、その日全部食べました。

その日、なんだか行ったり来たりして、何しているんだろうと思ったら、尾頭付きの鯛を探して、スーパーのはしごをしていたのでした。

80を超えた母が自転車で、探し回ってくれたことが、うれしくってたまりませんでした。同時に、申し訳ない気もしました。いい年しても有り難いものはありがたい。

そんなことをふと思い出しました。

この鶏は、その日綺麗にむしられて、クイッティォ(タイラーメン)として、おいしくいただきました。

さて、無事にコンケーンに行き、帰ってきたわけですが、前回は書き忘れましたが、コンケーンからの帰りの山道、「Elephant caution」の看板を見ました。ま、熊出没注意のようなものでしょうか!?

タイに来て、象見ないなぁ〜 と、思っていましたら、案外近くにおりました。あ、見てはないですよ。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペッチャブーンで暮しています。62 安全祈願 まんぼう ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる